講師紹介Instructors

  • HOME
  •  > 講師紹介

生徒さんの英語力をグングン伸ばす、優秀な講師陣をご紹介します

代表取締役 山田陽子
山田陽子先生からのメッセージ 

この度はホームページをご覧いただき有難う御座います。当塾「YES」でのオリジナルを活かし、一人ひとりに目が行き届く塾を目指します。何より、愛情を込めて指導したいと思います。子供たちの気持ちを分かり合いながら…
遠藤豊大先生
遠藤豊大先生からのメッセージ 

英検や文法指導を専門にしています。
学校の補修なども行っており、英語力をつけるための基礎から応用までしっかりと皆様をサポート致します。
グレッグ先生
Mr. Gregory S Harry / アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 出身
【教室からの紹介】背が高くてとっても優しく生徒に大人気です。映画好きで、特に『スター・トレック』の大ファンなんです。
グレッグ先生
Mr. Gregory S Harry
アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 出身
【教室からの紹介】
アメリカ東海岸のマサチューセッツ州出身です。
背が高くてとっても優しく生徒に大人気です。
映画好きで、特に『スター・トレック』の
大ファンなんです。
グレッグ先生
グレッグ先生 ■講師名:グレゴリー・S・ハリー(Mr. Gregory S Harry)
■出身地:アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
■教室からの紹介:
背が高くてとっても優しく生徒に大人気です。
映画好きで、特に『スター・トレック』の大ファンなんです。
Words from Greg-sensei / グレッグ先生からのメッセージ
---【英文】---
Hi! 
My name is Gregory! 
I am from New England. 
It is the northeast part of the USA. 

I like helping people learn English!
My interests are, gymnastics, nutrition, fitness, cooking, small business, creative writing, technology, nature, movies, art, and design.

There are so many great things in Tokyo! 
The Sky Tree is amazing! 
The viewis amazing!

I try to take a natural approach to teaching English, and I want to make learning very fun for any age!
There are so many things to learn and share when it comes to foreign languages!
Whatever your goal is, I promise to assist you to reach your goal in a creative way!

---【和訳】---
こんにちは!
私の名前はグレゴリーです!
私はニューイングランド地方出身です。
そこはアメリカの北東部です。

人々が英語を学ぶのをお手伝いするのが大好きです!
私の興味は、体操(運動)、栄養管理、フィットネス、料理、スモールビジネス(商売)、創造的作文、技術、自然、映画、芸術そしてデザインです。

東京にはたくさんの素晴らしいものがありますね!
スカイツリーはすごいですね!
眺めが綺麗です!

英語を教えるのに自然な方法を取っています。そしてどの年齢の方にも楽しんで学んでもらいたいです。
外国語となると、学んだり、分かち合うべきことがとてもたくさんあります!
皆さんの目標が何であれ、私はあなた方が目標に到達するようクリエイティブな方法でお手伝いします! 
ヘザー先生
Ms. Heather R Williamson / アメリカ合衆国 ミシガン州 出身
【教室からの紹介】アメリカ中西部のミシガン州 デトロイト市 出身です。いつも元気で明るく笑顔が絶えない人気の先生です。
ヘザー先生
ヘザー先生 ■講師名:ヘザー・R・ウィリアムソン(Ms. Heather R Williamson)
■出身地:アメリカ合衆国 ミシガン州
■教室からの紹介:
アメリカ中西部のミシガン州 デトロイト市 出身です。
いつも元気で明るく笑顔が絶えない人気の先生です。
Words from Heather-sensei / ヘザー先生からのメッセージ 
---【英文】---
Hello everyone!! 
My name is Heather Williamson and I am from the Midwestern part of the U.S.
I was born in Detroit, Michigan, but my family moved so often throughout my life that I don't feel like I am from there.

I enjoy nature and that is one of the reasons that I like Japan.
Japanese gardens, parks and even the areas in the countryside are very different from that in the U.S., and I think, more beautiful.
Running , playing tennis, ping pong, singing karaoke, and watching J Drama are some of my favorite things to do. 
But since I am in Japan, I would like to learn about many of its cultural activities such as Ikebana, Sado, Sumi-e, Kyuu-do, Aikido, and playing the Koto.

But of course I would love to teach you about American Culture as well!
I have over 3 years of English Teaching experience and hold aTESOL teaching certification.
I am very excited and I'm looking forward to the opportunity to teach you English and how life is in the US if you are interested!

---【和訳】---
こんにちは、皆さん!!
私はヘザー・ウィリアムソンといいます。アメリカの中西部出身です。
私はミシガン州デトロイト市で生まれですが、これまで私の人生を通して、我が家は頻繁に引越しをしてきたので、ここの出身に感じないくらいです。

私は自然が好きで、そしてそれが私が日本を好きな理由の一つです。
日本庭園や公園、そして郊外の地域でさえアメリカのそれとはかなり異なり、私が思うに、より美しいです。
私の大好きなことのいくつかは、ランニング、テニスをすること、卓球、カラオケで歌うこと、日本のドラマをみることです。
しかし、日本に来てからは、生け花、茶道、墨絵、弓道、合気道、琴の演奏など文化的活動についても学んでみたいです。

もちろん、皆さんにアメリカ文化を教えることも大好きなんですよ!
私は3年以上の指導経験とTESOL(英語教授法)の指導資格を保有しています。
皆さんに英語の指導と、もし皆さんが興味がありましたらアメリカでの生活なども教えたいと思い、その機会を得ることはとても楽しみでワクワクします。
ドリアン先生
Ms. Dorian van den Nieuwenhof / ネーデルラント王国(オランダ王国) ヘルダーラント州 出身
【教室からの紹介】オランダ中西部にあるオランダ最古の都市ナイメーヘン市 出身です。日本のサブカルが大好きで、JpopとKpopをこよなく愛するお茶目な先生です。
ドリアン先生
ドリアン先生 ■講師名:ドリアン・ファン・デン・ニューウェンホフ(Ms. Dorian van den Nieuwenhof)
■教室からの紹介:
日本のサブカルが大好きで、JpopとKpopをこよなく愛するお茶目な先生です。
Words from Dorian-sensei / ドリアン先生からのメッセージ 
---【英文】---
Hello, everyone.
My name is Dorian. 

My favorite hobbies are listening to J-pop and K-pop, watching movies (especially sci-fi and horror), and drawing.

I can speak English, Dutch, and some Japanese. 
I have a BA in Japanese language and culture and an MA in cultural anthropology from Leiden University. 
I also have TEFL and CEFR C2 certificates.

Please let me know what you like, why you want to learn English and what your goal is. 
Let's have fun learning English!
See you soon!
---【和訳】---
皆さん、こんにちは。
私の名前はドリアンです。

私の大好きな趣味はJ-popとK-popを聞くこと、映画(とりわけSF映画とホラー映画)を見ること、そしてお絵描きです。

私は英語、オランダ語そしていくらか日本語を話せます。
私は、ライデン大学で日本語と日本文化の学士号と文化人類学修士号を取得しています。
私はまた英語教授資格(TEFL)とCEFR(セファール:ヨーロッパ言語共通参照枠)C2レヴェル(母国語レベル)の資格を持っています。

皆さんがどんなことが好きで、どうして英会話を勉強するのか、そして目標が何かを教えてくださいね。
楽しく英語を学びましょう!
近々お会いしましょう!

【実践ビジネス英語表現】

英会話講師からビジネス英会話でよくみられるフレーズ(句)をワンポイント・アドバイス!
定期的にメールで受け取りたい方はこちらの無料メールマガジンにご登録ください。
Powered by 【少しずつ!ビジネス英語表現】
英会話講師からビジネス英会話でよくみられるフレーズ(句)をワンポイント・アドバイス!
定期的にメールで受け取りたい方はこちらの無料メールマガジンにご登録ください。
Powered by 【少しずつ!ビジネス英語表現】
2019年5月22日(水)発行
no later than / ~よりも遅れることなく、~以内に
■解説: 締切、期限を伝える時に使われる表現です。
■例文:Please fill out the attached questionnaire and send it back to me no later than the end of this week. 
■和訳:添付のアンケートにご回答のうえ、今週末までに私宛にご返送下さい。
※“fill out”:「(書類の空欄に)記入する、書き込む」

even if / たとえ~だとしても
■解説:“if~”は「もし~ならば」という条件を表しますが、それとは逆に、”even if~”は「たとえ~だとしても」という条件を表す場合に使われます。
■例文:The event will be held as scheduled even if it rains tomorrow.
■和訳:たとえ明日雨が降っても、イベントは予定通り開催いたします。
※“outstanding performance”: 「ずば抜けた業績[成績]」“get a promotion to”:「~に昇進する」

では、次回をお楽しみに。
2019年5月21日(火)発行
in alphabetical order / アルファベット順に
■解説:“order”には、「順序、順番」という意味があります。 「番号順に」の場合も同様に用いて“in numerical order”と表現できます。
■例文:The client list is sorted in alphabetical order by company name. 
■和訳:顧客リストは会社名のアルファベット順に並べられています。
※“client list”:「顧客リスト」

in recognition of / (功績等)が認められて[の報酬として]
■解説:前回ご紹介した “outstanding issue ”という表現では”outstanding”は「未解決の、未処理の」という意味を表していましたが、今回の例文の中では「傑出した、ずば抜けた」という意味で用いられています。
■例文:In recognition of his outstanding performance in sale, he got a promotion to the position of sales manager.
■和訳:そのずば抜けた営業実績が認められて、彼は営業部長に昇進した。
※“outstanding performance”: 「ずば抜けた業績[成績]」“get a promotion to”:「~に昇進する」

では、次回をお楽しみに。
2019年5月20日(月)発行
in other wordss / 言い換えると、つまり
■解説:“in other words”はよく使われる言い換え(Rephrasing)の表現です。
■例文:You are requested to submit the report by this Friday, in other words, you have to write it up within the next three days. 
■和訳:報告書は今週の金曜日までに提出することが求められています。言い換えると、あなたは今後3日以内にそれを書き上げなければなりません。

outstanding issue / 懸案事項、未解決の問題
■解説:“outstanding”には「未解決の、未処理の」という意味があります。
 経理用語で”outstanding debt”は「未払債務」を意味します。
■例文:We need to settle the outstanding issue as soon as possible.
■和訳:我々はできる限り早くその懸案事項を解決する必要があります。

では、次回をお楽しみに。
2019年5月17日(金)発行
boost sales / 売上を増やす(伸ばす)
■解説:“boost”には「持ち上げる」「上昇させる」という意味があり
“boost morale”:「士気を高める」
“boost efficiency”:「効率を上げる」
など、ビジネスの中でもいろいろな表現に使われます。
■例文:We hope the new TV commercial will boost sales of the product. 
■和訳:新しいテレビコマーシャルが製品の売上を伸ばすことを期待しています。

There is no question that / ~であることに疑いの余地がない
■解説:“question”の代わりに”doubt”を使って”There is no doubt that”と言い換えることもできます。
■例文:There is no question that Company A is one of the leading software companies in Japan.
■和訳:A社が日本におけるトップクラスのソフトウェア会社の一社であることには疑いの余地がない。
※“leading company”:「トップ企業、主要[優良]企業」

では、次回をお楽しみに。
2019年5月16日(木)発行
have a scheduling conflict / スケジュールの調整がつかない・都合が悪い
■解説:“conflict”は「対立」や「衝突」といった意味を表します。
 他の予定と重なって都合がつかないような場合に”scheduling conflict”という表現が使われます。
■例文:I’m so sorry but I can’t come to the party tomorrow because I have a scheduling conflict.
■和訳:スケジュールの都合で明日のパーティーに参加できず申し訳ありません。

(be) entitled to / ~の権利がある、~する資格がある
■解説: 例文は”entitled to +名詞句”の形になっていますが、”entitled to +動詞の原形”で使われることもあります。
■例文:You are entitled to twenty days of paid holiday per year.
■和訳:株主は株主総会に参加する権利がある。

では、次回をお楽しみに。
2019年5月15日(水)発行
don’t hesitate to / 遠慮なく~してください
■解説:以前にご紹介した”feel free to”と同様の意味で、誰かに何かをすることを勧めるときに使われます。
■例文:Please don't hesitate to contact me when you need help.
■和訳:助けが必要なときは遠慮なくご連絡ください。

reach a conclusion / 結論に達する
■解説:同様の意味で“come to a conclusion”が使われることもあります。
■例文:We have reached a conclusion on the retail price of the new product.
■和訳:我々は新製品の小売価格について結論に達することができた。
※”retail price” :「小売価格」

では、次回をお楽しみに。
2019年5月14日(火)発行
agenda item / 議題項目
■解説:“agenda”は会議に関して使われる場合、議題や進行スケジュールをまとめたものを意味します。
■例文:The first agenda item of today’s management meeting is the budget plan for 2019. 
■和訳:本日の経営会議の最初の議題項目は2019年の予算案です。

move on to~/(話題が)~に移る、~の方向に進む
■解説:議事の進行を図る時に使われる表現です。“May I~?”は「~しても良いですか?」と相手に対して許可を求める場合に使われます。
■例文:May I move on to the next agenda item?
■和訳:次の議題項目に移ってよろしいですか。

では、次回をお楽しみに。
2019年5月13日(月)発行
now that~ / 今や~だから、~であるからには
■解説:“now that”に続く文章で表す今現在の(新しい)状況がもたらす結果について説明する表現です。
■例文:Now that the economic situation has improved, we should start talking about a new business.
■和訳:経済状況が好転してきたので、新規事業について話し合いを始めるべきだ。

such as ~ / 例えば~など
■解説:前述した情報について具体的な例を示す場合に使われます。
■例文:This music player has all the basic features such as play, shuffle, and repeat.
■和訳:この音楽プレーヤーは、再生、シャッフル、リピートなどの基本的機能を全て備えている。

では、次回をお楽しみに。